2021年6月23日

Arie Lineup | ラインナップ

Arie.jpg

中庭のある家

arie_image_06.png 隣地に囲まれた狭小敷地でも
開放的な空間デザイン

中庭(ライトコート)が3方向に光を拡げ、狭小敷地でも明るく快適な住まいを実現。外からの視線を遮り、プライバシーに配慮したルーフバルコニーとLDKとがつながることで、広々とした開放的な空間が生まれます。

中庭.jpg 名称未設定-1.jpg



ガレージのある家


arie_image_06.png 車好きを満足させる
インダストリアルなデザイン

いつでもリビングから車やバイクを眺めることができる、ビルトインガレージのある住まい。アーティストの街として知られるニューヨークのブルックリンをイメージした外観が印象的で強い存在感を放ちます。

名称未設定-1.jpg 名称未設定-1.jpg



スモールハウス

arie_image_06.png コンパクトで快適な
床座のある住まい

限られた空間を有効活用し、機能性や快適性を追求したコンパクトな3LDK。落ち着きのある和の雰囲気にモダンデザインを組み込むことで、現代の暮らしにマッチした美しい住まいを実現。いつでも安らぎを感じられる空間です。

名称未設定-1.jpg 名称未設定-1.jpg



スキップフロアの家


arie_image_06.png 家族のライフスタイルにあわせて、
使い方は自由自在

都会型シンプルモダンデザインが印象的なスキップフロアの家。スキップフロアは子供の遊び場やワーキングスペースとして幅広く活用することができます。スキップ下には収納などにも使えるスペースを設け、無駄のない間取りを実現。

名称未設定-1.jpg 名称未設定-1.jpg



家事収納の家

arie_image_06.png 「あったらいいな」を叶える
こだわりの住まい

家事動線を意識した使いやすい間取りと、豊富な収納スペースが魅力の「家事収納の家」。毎日が心地よくなるような、やさしくナチュラルなデザインが人気です。

名称未設定-1.jpg 名称未設定-1.jpg



Arie Basic performance | アリエ 基本性能

Arieは長期優良住宅に対応した高水準の家
長期優良住宅の認定を受けるためには、耐震性、耐久性、省エネ性、維持管理のしやすさなど、住宅の長期的な品質保持に必要な基準を満たしていることが条件です。Arieはこの長期優良住宅の基準を超える高い耐震性と省エネ性を実現。従来の基準に満足することなく、より強く安全な住宅を目指します。
arie_image_22.jpg


震災に強く、安心な家

地震が多い日本では、耐震性能の高さによって住宅の価値が大きく左右されます。住宅は地震から家族を守ることはもちろん、地震のあとも安全に住み続けることのできる「強さ」が必要です。また、住まいの耐久性を高めることで資産としての価値も上がります。


震災に強い「耐震等級3」+「制振デバイス」+「ベタ基礎工法」

本当に強い家とは、地震の揺れで倒壊しないことはもちろん、地震のあとも安心して住み続けることのできる住まいです。Arieは、地震の揺れを吸収し、繰り返される地震動にも耐えられる高い耐震性能を備えています。国土交通省の「熊本地震における建築物被害の原因分析を行う委員会」の報告書によると、震度7の揺れが2回続くような震災で建物の倒壊を防ぐには現行の耐震基準の約1.5倍の強度が必要であることがわかっています。また、繰り返される地震動に耐えるためには、「耐震」だけでなく、「制振」や「基礎の強さ」が必要不可欠です。

arie_image_20.png

全棟構造計算により耐震性能を明示

住宅会社の多くは「耐震性能が高い」ことをアピールしていますが、その基準は非常に曖昧です。一般的な木造住宅の場合、確認申請時における耐震等級の評価が義務付けられていないため、耐震性の高さも住宅会社独自の基準になっていることが少なくありません。Arieはすべての住宅において構造計算書を作成し、耐震性の評価とその根拠を明示するようにしています。


耐震性能は最高の「耐震等級3」

建築基準法で定められている数百年に一度発生する地震(住宅の密集する都市で震度6強から震度7程度)の1.5倍の力に対しても倒壊しないレベルである「耐震等級3」を標準装備。建物を使った実際の耐震実験でも十分な安全性を実証しました。*多雪地域では耐震等級2を標準としています。

arie_image_21.png
最新鋭の制振デバイスを標準装備

制振システムは地震の揺れを大幅に吸収、低減します。頑丈な構造であるうえ、耐久性も劣化対策等級の最高等級3をクリアした長期優良住宅です。


土台には地震に強いベタ基礎工法を採用

基礎部分の強度を重視して「オリジナルベタ基礎」を採用しています。ベタ基礎は床面全体に格子状の鉄筋を入れてコンクリートを打つため家の荷重をバランスよく分散させることができます。地震、台風、集中荷重などで大きな力が加わっても、厚く強固な基礎全体で建物をしっかりと支えます。


優れた断熱性能と省エネ性を実現

「断熱性能が高く暖かい住宅は健康に良い」ことが科学的に証明されています。このため、高断熱の家は冷暖房費を減らせるだけでなく、健康な暮らしにもつながることから医療費の削減など、様々な面でコストを抑える効果が見込まれます。

arie_image_23.jpg

ZEHレベルの「断熱仕様」+「高性能樹脂サッシ」

現在、日本の新築住宅では「H28年省エネルギー基準」を満たすことが推奨されています。しかし、近年の様々な調査・研究によって、本当に健康で快適に暮らしていくためには、より高い断熱性能が必要であることがわかってきました。Arieは、政府が推進しているエコ住宅「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」と同レベルの断熱仕様と高性能樹脂サッシを組み合わせ優れた断熱性能を実現した住宅です。高断熱の住まいは冷暖房に頼り過ぎることなく、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせるのでいつでも快適です。

arie_image_24.png
断熱性能は、外皮面積あたりの熱損失量を示す外皮平均熱貫流率(UA値)によって評価されます。長期優良住宅の基準にもなっている「断熱等性能等級4」は最高等級にあたりますが、そのUA値は5~8地域において0.87とあまりにも低い基準です。Arieでは快適性を確保するために、壁や天井に高性能断熱材を採用し、断熱性に優れた高性能樹脂サッシを併用することで標準仕様における想定UA値を0.47に設定しています。また、3地域以南(本州以南)においても、断熱等性能等級4を満たしており、国が定めるZEH基準もクリアしています。

arie_image_25.png
気密性能(C値)は、現場測定により求められる数値であり、施工品質によって変動します。しかし、標準的な仕様による想定C値は、1.0~1.2であり、国が寒冷地(3地域)で定めているC値2.0を全地域でクリアしています。


プラス創エネで簡単ZEH

Arieは標準仕様において、ZEHの断熱基準や設備の省エネ基準達成率を満たしています。このため、太陽光発電システムを導入するだけでZEHに対応した住まいを実現することができます。

arie_image_26.jpg

断熱性能と健康住宅について

「健康に配慮した住宅」の定義には様々な考え方があります。 例えば、アレルギーやシックハウス対策として使用建材に配慮することは今や当たり前のことですが、Arieでは従来の標準的な断熱性能にも目を向け、ヒートショックなどによる健康被害を防ぐための対策が必要であると考えています。

arie_image_27.jpg
環境省が発表した研究結果「住宅の断熱性能向上がもたらすNEBの指標」(株式会社 三菱総合研究所)によると、寒冷地である札幌市をフィールドとして、住宅の断熱性能の向上がもたらすNEB(住宅の断熱性を向上させることによる健康への効果)の検証を行ったところ、室温の改善によって最高血圧が降下するモニターが多かったことがわかりました。 また、断熱性能が高い住宅の場合、冬場の室温を安定させるために必要なエネルギーの消費量を抑えることが可能であるという結果も示されました。 (札幌市の協力のもと、住宅の改修・転居により断熱性能を向上させるモニターを募集し、断熱性能の向上前後での断熱性能、室温、住まいの感じ方、血圧、活動量などのデータを計測)

高レベルの断熱性能を有する住まいは、四季を通じて快適な室温環境を実現できるとともに、住む人への健康配慮、高い省エネ効果などにもつながります。



2021年6月22日

蓮華草の家

外観ヨコ.jpg縁側ヨコ.jpg対面LDK家具ヨコ.jpg趣味部屋ヨコ.jpg玄関外タテ.jpg本棚タテ.jpgキッチンタテ.jpg
敷地面積101.2坪 建築面積36.2坪
延床面積53.6坪(1階/23.8坪・2階/20.0坪・駐車場9.8坪)



【M様邸でのこだわりのポイント】
室内から外観につながるレッドシダーが内と外との一体感を生み出します。
 
【プランニングでのポイント】
リビングからウッドデッキにつながる自然採光や風通しの良い住まいとしました。

【仕様・設備へのこだわりのポイント】
巨大開口で使い勝手の良いドイツ製食洗機を設置。
床下に備え付けられた暖房機が、家全体を暖かく快適してくれます。

【その他】
街並みに調和するよう自然素材を使用した外観となっております。

八乙女山が朝日をかかげる家

外観ヨコ.png窓ヨコ.png窓ソファヨコ.png和室ヨコ.pngLDKタテ.png収納タテ.png玄関タテ.png
【家族構成】ご夫婦
敷地面積288.5坪 建築面積59.2坪 延床面積51.5坪(平屋建て)



【I様邸でのこだわりのポイント】
この地域を象徴する八乙女山が背後にそびえ、すべての部屋からその頂を眺めることができる設計となっています。

【プランニングでのポイント】
来客用のパブリックスペース、普段の生活の中間領域、寝室などのプライベート空間を明確に区分しており、生活をするうえで、心理的な安心感がある家としました。

【仕様・設備へのこだわりのポイント】
平家ならではの開放的な空間づくりとなっております。

【その他】
天井の高低差を利用し、落ち着きのある空間と開放的な空間を演出しました。

福岡町の家

外観ヨコ.png遶」蟾・蜀咏悄・井シ願陸蜈育函繧医j・噂蜀咏悄 2018-11-26 13 55 57 (2).jpg遶」蟾・蜀咏悄・井シ願陸蜈育函繧医j・噂蜀咏悄 2018-11-26 13 55 57 (3).jpg遶」蟾・蜀咏悄・井シ願陸蜈育函繧医j・噂蜀咏悄 2018-11-26 13 55 55 (1).jpg遶」蟾・蜀咏悄・井シ願陸蜈育函繧医j・噂蜀咏悄 2018-11-26 13 55 57 (5).jpgストーブタテ.png階段タテ.png
敷地面積60.58坪 建築面積19.28坪
延床面積33.56坪 (1階/17.03坪・2階/16.53坪)



【B様邸でのこだわりのポイント】
日常でもアウトドア気分を味わえる半屋外の土間リビングを採用。

【プランニングでのポイント】
光や風などの自然エネルギーを有効活用したパッシブハウスといしました。
 
【仕様・設備へのこだわりのポイント】
リビングの土間には施主さまこだわりの暖炉を設置。

【その他】
道路境界のフェンスを薪置場として有効活用しました。

砺波野のコートハウス

昼外観ヨコ.jpgリビング3ヨコ.pngポーチヨコ.pngリビングヨコ.png収納タテ.png窓2タテ.jpgキッチンタテ.png
【家族構成】ご夫婦 お子様2名
敷地面積159.0坪 建築面積52.60坪 延床面積52.60坪(平屋建て)



【H様邸でのこだわりのポイント】
中庭を中央に配置したコートハウス形式とすることで、家のどこにいても中庭を介して
視線や動線がつながり、家族の気配が感じられる住まいとしました。

【プランニングでのポイント】
隣接する広大な景色を楽しめるようにし、窓から見える景色がまるで室内に飾られた絵画のような感じになっています。

【仕様・設備へのこだわりのポイント】
音響設備にもこだわり、専門業者によるスピーカー配置やセッティングなどが行われています。

【その他】
砺波平野の田園風景を望む敷地に建つ木造平屋建住宅。

御蔵町の家

外観ヨコ.jpgキッチンヨコ.pngLDKヨコ.png階段ヨコ.jpg洗面タテ.pngIMG_0030.JPG玄関タテ.png

敷地面積72.60坪 建築面積42.23坪
延床面積48.51坪(1階/36.64坪・2階/11.87坪・駐車場/6.00坪)



【O様邸でのこだわりのポイント】
家を訪れるお客様の大半が玄関での接客。玄関ホールをダイナミックな空間構成とし、来ていただいたお客様に心地良さと安らぎを感じていただける住宅となっています。

【プランニングでのポイント】
床暖房を備え、吹付断熱と樹脂複合窓で、H28年スペックの省エネ基準を満たしています。

【仕様・設備へのこだわりのポイント】
床は無垢ナラ材、壁天井は調湿作用のある珪藻土を使用。住宅の至る所にこだわりの素材を使用しています。

【その他】
玄関ホールのガラスブロックから注ぐ光が、優しくお客様をお迎えいたします。

百町の家

_DSC2510s.jpg収納2ヨコ.jpg_DSC2525s.jpg_DSC2558s.jpg_DSC2546s.jpg和室タテ.jpg洗面タテ.jpg
【家族構成】ご両親 ご夫婦 お子様2名
敷地面積62.75坪 建築面積24.46坪
延床面積40.06坪(1階/24.04坪・2階/16.02坪)



【O様邸でのこだわりのポイント】
・キッチンからBBQの出来るスペースまでの短い動線。
・将来に向けての廊下・階段に手摺取付を出来る様に下地を組み込んだ。
・親の寝室から最短でトイレに行ける動線。

【プランニングでのポイント】
・三世代同居のため、日々の音が伝わらない。室を離す事、上下、左右、動線の分離。
・家の中心を風が通る
・回遊型キッチン

【仕様・設備へのこだわりのポイント】
・6人家族なので収納スペースを多く設けた。シューズクローゼット等。
・断熱材を厚くする事によって、断熱性能を上げ、家全体の空調の効率を上げて省エネ住宅とした。

【その他】
若い世代(30代)に合わせた外観とした。

2021年6月18日

〔社長〕森雄一

syatyou_IMG_2916-2.png

[氏名]
 森 雄一(もり ゆういち)

[担当業務]
 代表取締役社長

[趣味]
 そば打ち、映画観賞

[仕事で心がけていること]
 座右の銘は「自分のために生きるなかれ」。私たちの仕事によってたくさんの人を笑顔にできるよう、お客様の疑問やご要望に誠心誠意取り組んでまいります!

[資格]
 1級建築施工・土木施工・管工事施工管理技士、宅地建物取引士、不動産キャリアパーソン、住宅ローンアドバイザー

〔総務部〕森進吾

shingo_IMG_2915-2.png

[氏名]
 森 進吾(もり しんご)

[担当業務]
 バックオフィス業務

[趣味]
 料理

[仕事で心がけていること]
 常にお客様目線に立つことを心がけています

[資格]
 2級建設業経理士

〔営業部〕高崎孝一

髙﨑.png

[氏名]
 高崎 孝一(たかさき こういち)

[担当業務]
 営業スタッフ

[趣味]
 ゴルフ、読書、映画鑑賞

[仕事で心がけていること]
 『頼まれ事は、試され事』期待を上回る努力を心がけています

[資格]
 1級建築施工管理技士・土木施工管理技士、宅地建物取引士、2級FP技能士、不動産キャリアパーソン、住宅ローンアドバイザー

〔工務部〕小西秀和

konishi_IMG_2911-2.png

[氏名]
 小西 秀和(こにし ひでかず)

[担当業務]
 施工管理

[趣味]
 映画鑑賞

[仕事で心がけていること]
 お客様の笑顔が見られるように、誠心誠意対応します

[資格]
 2級建築士、2級建築施工管理技士、1級建築大工技能士、既存住宅状況調査技術者

〔工務部〕増山佳克

増山.png

[氏名]
増山 佳克(ますやま よしかつ)

[担当業務]
施工管理

[趣味]
登山、マラソン、トレイルランニング

[仕事で心がけていること]
お客様の要望をしっかり伺い、理想の住まいを実現できるよう、丁寧な施工を心がけています

[資格]
2級建築施工管理技士

〔工務部〕山本淳史

写真-2021-05-07-7-45-24.png

[氏名]
 山本 淳史(やまもと あつし)

[担当業務]
 施工管理

[趣味]
 ドライブ

[仕事で心がけていること]
 お客様の立場に立って物事を考えるよう心がけています

[資格]
 2級建築士、2級建築施工管理技士、木造建築士

知って得する「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント