2022年6月29日

『A-style Monthly』#187(7月号)

A-style Monthly#187
2022年7月号

ASM187_h01.jpg

CONTENTS
[特集]暮らしの真ん中にキッチンがある家

巻頭特集/ASJ Works Close-up 竣工作品特集​
キッチンが暮らしの中心
家族とともに育っていく家

設計:藤原慎太郎 + 室喜夫
施工:ASJり'あさスタジオ

事例紹介

1)奥様のためのキッチンを中心としたリノベ

設計:藤田渉

2)料理と植栽を楽しむ住まい

設計:早川徹

3)-玄関はありません-

設計:門内一生

建築家のOff Time
慈しまれ、人々が安らう姿を
自ら撮影した動画と写真で、師へ届ける

アーキテクツ・スタジオ・ジャパン (ASJ) 登録建築家 小山光 (株式会社キー・オペレーション) の顔写真小山光

CASABELLA JAPAN (カザベラジャパン) 930

ガーデン・ミュージアム増築
設計:ダウ・ジョーンズ・アーキテクツ

カフェの扉を開ける101の理由|川口葉子

四知堂kanazawa

World Topic|福田智子

「Art de Night 12」in 八女 ‐Reborn‐

2022年6月16日

スマートステージ | ラインナップ

スマートステージロゴ.png

Simple roof 【シンプルルーフ】 ~全28プラン~

arie_image_06.png 片流れ屋根のシンプルモダン


風景に自然と調和し、いつまでも飽きのこない洗練された佇まい。片流れを採用したシンプルモダンな外観は、どんなテイストのインテリアとも相性が抜群です。

シンプル・ルーフEW13_ブランドブック_4面 パース スタジオ-拡大ver.jpgシンプル・ルーフEW13_ブランドブック_3面 パース スタジオ.jpg



Urban 【アーバン】 ~全12プラン~ 

arie_image_06.png スタイリッシュな佇まい


デザイン性に優れたスタイリッシュな佇まいが印象的。外壁の色によって雰囲気がガラリと変わるのも魅力のひとつです。

アーバンS3-1_9面 パース スタジオ-拡大ver.jpgアーバンS3-1_8面 パース スタジオ.jpg



Japanese 【ジャパニーズ】 ~全9プラン~ 

arie_image_06.png 世代を超えて愛される
和モダン。

日本の伝統的な住まいを現代風にアレンジ。どんな風景にも馴染む和モダンスタイルは世代を超えて愛されるスタンダードモデルです。

ジャパニーズS1-4_ブランドブック_5面 パース スタジオ-拡大ver.jpgジャパニーズS1-4_ブランドブック_4面 パース スタジオ.jpg



Cube 【キューブ】 ~全27プラン~ 

arie_image_06.png シンプルこそ洗練の極み


無駄のないすっきりとした外観は、個性や美しさを際立たせるだけでなく、住む人の創造力を高めてくれます。

キューブS5-3_10面 パース スタジオ-拡大ver.jpgキューブS5-3_4面 パース スタジオ.jpg



Gable roof 【ゲイブル・ルーフ】 ~全17プラン~ 

arie_image_06.png シャープな印象の切妻屋根


シャープな印象の切妻屋根は、雨漏りに強く、通気性にも優れているのがメリット。古来から日本の気候風土にあった屋根と言われています。

ゲイブル・ルーフS7-1_ブランドブック_4面 パース スタジオ.jpgゲイブル・ルーフS7-1_ブランドブック_2面 パース スタジオ.jpg



Provence 【プロバンス】 ~全9プラン~

arie_image_06.png 温かみのある南欧風デザイン


南欧をイメージしたナチュラルで温かみのあるデザインが特徴。日々の暮らしをより楽しく豊かにしてくれる住まいです。

プロバンスS1_1_ブランドブック_4面-パース-スタジオ-拡大ver_影あり.jpgプロバンスS1_1_ブランドブック_3面 パース スタジオ.jpg



Hiraya 【ヒラヤ】 ~全10プラン~

arie_image_06.png 開放的なワンフロア空間


暮らしに優しいシンプルな生活動線、家族との繋がりを感じられる開放的なレイアウト。魅力あるワンフロア区間を提供します。

ヒラヤS2-5_ブランドブック_1面 パース スタジオ.jpgヒラヤS2-5_ブランドブック_2面 パース スタジオ.jpg



Koyaura 【コヤウラ】 ~全8プラン~

arie_image_06.png 多目的な屋根裏自由空間


広々とした屋根裏は収納や子どもの遊び場など、多目的に使うことのできる自由空間。見た目以上にゆとりのある空間です。

コヤウラS2-3_ブランドブック_5面 パース スタジオ-拡大ver.jpgコヤウラS2-3_ブランドブック_2面 パース スタジオ2-明るさ変更.jpg



Smart Stage | 基本性能
耐震等級に優れ、間崩れの無い設計

デザイン性を重視しすぎると「間崩れ」を起こします。上下階の壁(柱)を合わせることで、しっかりと地盤に力が伝わり強い家となります。スマートステージでは「真四角総二階」を基本に設計しています。また、柱は一般的に等間隔に設置します。そして流通する一般的な建材も規格寸法で作られています。間崩れした設計の家では規格外建材の使用や材料の無駄、施工手間の増加につながり、コスト高の要因となります。

丈夫で長持ち。劣化対策等級3の家 

劣化対策等級とは、住宅性能表示制度による建物「評価項目」のひとつです。
建物の構造躯体の部分に用いられる木材のシロアリ対策や鉄筋の錆び対策など、住宅を長持ちさせるための対策の程度を、3段階の等級で評価しています。
 「等級1」...建築基準法が定めるレベル。
 「等級2」...2世代レベル。(50年~60年程度)
 「等級3」...3世代レベル。(75年~90年程度)
これらの等級は、通常想定される自然条件および維持管理条件の下で、大規模な構造改修工事なく、どのくらい長持ちするかを表わしています。
スマートステージの標準仕様は、劣化対策等級3となっており、長く安心してお住まいいただけます。

ベタ基礎を採用

基礎の立上りだけでなく、底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎です。家の荷重を底板全体で受け止め、面で支えます。
また、地面をコンクリートで覆うので地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリも侵入しにくくなります。

強度と耐久性のある木材

スマートステージではKD材(キルンドライ材)を使用します。KD材とは、人工的に乾燥釜などで乾燥させ、含水率を下げた木材のことです。人工的に乾燥させ含水率を下げることで木材に強度と耐久性が増し、また自然乾燥と違いバラツキのない安定した木材とすることができます。
smart_image_31.jpgsmart_image_32.jpg

構造用面材による耐震強度の向上

耐震性・透湿性・耐久性・防耐火性の4つを兼ねそろえた、構造用面材です。建物の外周の柱周りに面材を貼ることにより耐震強度が増し、筋交いを用いた在来工法より均一で安定した構造体となります。

快適な住まいを実現する断熱材

スマートステージでは非常に断熱性の高いものを使用しております。断熱性を高めようとすると、断熱材の熱伝導率や熱抵抗値などの素材自体の優劣の話になりがちですが、一番気をつけないといけないのは、すき間なく施工ができるかどうかです。安定した充填性のある断熱材を使用しています。

美しさと耐久性を兼ね備えた工法と屋根材

各シリーズの特徴に合わせてSGLやスマート瓦などからお選びいただくことができます。

多種多様なラインナップの外壁

住宅用窯業系外壁トップの販売数を誇るニチハ製品を採用。「メンテナンス費用の大幅削減」と「仕上がりの美しさ」を実現した新世代の外装材です。
smart_image_30.jpg

素足で暮らせる無垢フローリング

素足で暮らせる体にやさしい天然無垢材を標準採用。合板や集成材ではなく、使用する形状で丸太から切り出した木材です。天然木本来の風合いを持ち、室内の湿度を調整する働きもあります。スマートステージでは素材の良さを生かした無塗装品を標準仕様としています。
smart_image_29.jpg

身体にやさしい自然素材を使用した壁・天井

珪藻土壁紙を標準採用することで、自然素材の風合いと優れた調湿性を持ちます。夏は湿気を吸い取り、冬は水分を放出してお部屋の湿度を調節し結露やカビの発生を抑制します。また、消臭効果もあります。
smart_image_28.jpg

高機能サッシの採用

国内最高基準の断熱性を誇り、高い省エネ効果を発揮する樹脂サッシ。エコ住宅との相性も抜群。樹脂と複層ガラスにより、最高レベルの断熱性を実現した新発想の「新しい窓」です。熱の出入りを抑え、夏も冬もいつも快適。新技術によりフレーム強度を向上させ、スリム化も実現しました。
smart_image_27.jpgsmart_image_26.jpg

住宅設備はトップブランドを採用

スマートステージでは住宅設備の2大ブランド「パナソニック」「リクシル」を標準仕様にラインナップいたしました。
キッチン・バスルーム・トイレ・洗面化粧台を、お好みに合わせてお選びいただくことができます。
給湯はパナソニックのエコキュートを標準採用。スタンダード仕様でありながら、エコキュート専用スマホアプリに対応するなど、かしこく便利な機能満載 。停電時や非常時でも心強い仕様になっています。
smart_image_25.gifsmart_image_24.gif

2022年6月 9日

HUCK Lineup |ラインナップ

HUCKロゴ横向き.jpg

BERET 【ベレー】

arie_image_06.png フラットな生活空間でのびのび暮らす
子育て世代に安心設計のフラットハウス(平屋)

アメリカの平屋住宅をモチーフに、1.5寸の緩勾配の屋根が、現代の子育て世代にぴったりのシンプルナチュラルなテイストを表現。北米の住宅によく見られる「フロントポーチ」からリビングにつながる部分が「タイル仕上げ」になっており、屋外と屋内の空間を一続きのように楽しめる「プラスα」の価値を生み出すデザインが魅力です。

ベレー外観パース切り取り.pngハックベレーダイニングimage2020-06-29-094632.jpgハックベレーキッチンimage2020-06-29-101406.jpgハックベレー寝室image2020-06-29-102000.jpg



BERET BUILT-IN GARAGE 【ベレー ビルトインガレージ】

arie_image_06.png 趣味の部屋としても楽しめる、
ビルトインガレージの魅力。

アメリカの映画にもたびたび登場する、ビルトインガレージは男性にとって憧れの使用。大切な愛車を雨や風から守るだけでなく、家族みんなの趣味を活かす、屋内の作業場や、趣味のスペースとしても活用できます。

ベレーガレージ外観パース切り取り.png135__MAR6594.jpg127__MAR6531.jpg106__DSC4382.jpg


YEBOSHI 【エボシ】

arie_image_06.png 日本の伝統美を取り入れた、
和モダンの平屋。

入母屋屋根が生み出す格調ある伝統美、無垢材をふんだんに取り入れたインテリアは温もりがありながら、格子からこぼれる光と風が凛とした日本らしさを感じさせてくれるデザイン。日本の伝統的なスタイルと最新技術を持ち合わせた和モダンの平屋住宅です。

エボシ外観パース切り取り.pngIMG_0301_R.jpgIMG_0266_R.jpgIMG_0296_R.jpg



YEBOSHI BUILT-IN GARAGE 【エボシ ビルトインガレージ】

arie_image_06.png 和モダンの平屋に遊び心をプラスする、
ビルトインガレージ。

遊び心をくすぐる「ビルトインガレージ」では、居住スペースはそのままに、愛車やオートバイ、スポーツギアや道具などを安心して保管できるスペースを生み出し、家族な多様な趣味に対応します。

エボシガレージ外観パース切り取り.pngIMG_0207_R.jpgIMG_0265_R.jpgIMG_0252_R.jpg



HUNTING 【ハンチング】

arie_image_06.png 高性能でありながら、
木を楽しめる長期優良住宅。

床・内装壁・外壁に自然素材の木を採用し、DIYやエイジングをお楽しみいただけます。省エネや耐震性能、制震システムなどを備えた高性能住宅です。

ハンチング切り取り.png熊本21_2018年 6月10日版.jpg熊本14_2018年 6月10日版.jpg熊本03_2018年 6月10日版.jpg



HUCKは長期優良住宅に対応した高水準の家

長期優良住宅の認定を受けるためには、耐震性、耐久性、省エネ性、維持管理のしやすさなど、住宅の長期的な品質保持に必要な基準を満たしていることが条件です。HUCKはこの長期優良住宅の基準を超える高い耐震性と省エネ性を実現。従来の基準に満足することなく、より強く安全な住宅を目指します。
arie_image_22.jpg


震災に強く、安心な家

地震が多い日本では、耐震性能の高さによって住宅の価値が大きく左右されます。住宅は地震から家族を守ることはもちろん、地震のあとも安全に住み続けることのできる「強さ」が必要です。また、住まいの耐久性を高めることで資産としての価値も上がります。


震災に強い「耐震等級3」+「制振デバイス」+「ベタ基礎工法」

本当に強い家とは、地震の揺れで倒壊しないことはもちろん、地震のあとも安心して住み続けることのできる住まいです。HUCKは、地震の揺れを吸収し、繰り返される地震動にも耐えられる高い耐震性能を備えています。国土交通省の「熊本地震における建築物被害の原因分析を行う委員会」の報告書によると、震度7の揺れが2回続くような震災で建物の倒壊を防ぐには現行の耐震基準の約1.5倍の強度が必要であることがわかっています。また、繰り返される地震動に耐えるためには、「耐震」だけでなく、「制振」や「基礎の強さ」が必要不可欠です。

arie_image_20.png

全棟構造計算により耐震性能を明示

住宅会社の多くは「耐震性能が高い」ことをアピールしていますが、その基準は非常に曖昧です。一般的な木造住宅の場合、確認申請時における耐震等級の評価が義務付けられていないため、耐震性の高さも住宅会社独自の基準になっていることが少なくありません。HUCKはすべての住宅において構造計算書を作成し、耐震性の評価とその根拠を明示するようにしています。


耐震性能は最高の「耐震等級3」

建築基準法で定められている数百年に一度発生する地震(住宅の密集する都市で震度6強から震度7程度)の1.5培の力に対しても倒壊しないレベルである「耐震等級3」を標準装備。建物を使った実際の耐震実験でも十分な安全性を実証しました。*多雪地域では耐震等級2を標準としています。

arie_image_21.png
最新鋭の制振デバイスを標準装備

制振システムは地震の揺れを大幅に吸収、低減します。頑丈な構造であるうえ、耐久性も劣化対策等級の最高等級3をクリアした長期優良住宅です。


土台には地震に強いベタ基礎工法を採用

基礎部分の強度を重視して「オリジナルベタ基礎」を採用しています。ベタ基礎は床面全体に格子状の鉄筋を入れてコンクリートを打つため家の荷重をバランスよく分散させることができます。地震、台風、集中荷重などで大きな力が加わっても、厚く強固な基礎全体で建物をしっかりと支えます。


優れた断熱性能と省エネ性を実現

「断熱性能が高く暖かい住宅は健康に良い」ことが科学的に証明されています。このため、高断熱の家は冷暖房費を減らせるだけでなく、健康な暮らしにもつながることから医療費の削減など、様々な面でコストを抑える効果が見込まれます。

arie_image_23.jpg

ZEHレベルの「断熱仕様」+「高性能樹脂サッシ」

現在、日本の新築住宅では「H28年省エネルギー基準」を満たすことが推奨されています。しかし、近年の様々な調査・研究によって、本当に健康で快適に暮らしていくためには、より高い断熱性能が必要であることがわかってきました。HUCKは、政府が推進しているエコ住宅「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」と同レベルの断熱仕様と高性能樹脂サッシを組み合わせ優れた断熱性能を実現した住宅です。高断熱の住まいは冷暖房に頼り過ぎることなく、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせるのでいつでも快適です。

arie_image_24.png
断熱性能は、外皮面積あたりの熱損失量を示す外皮平均熱貫流率(UA値)によって評価されます。長期優良住宅の基準にもなっている「断熱等性能等級4」は最高等級にあたりますが、そのUA値は5~8地域において0.87とあまりにも低い基準です。HUCKでは快適性を確保するために、壁や天井に高性能断熱材を採用し、断熱性に優れた高性能樹脂サッシを併用することで標準仕様における想定UA値を0.47に設定しています。また、3地域以南(本州以南)においても、断熱等性能等級4を満たしており、国が定めるZEH基準もクリアしています。

arie_image_25.png
気密性能(C値)は、現場測定により求められる数値であり、施工品質によって変動します。しかし、標準的な仕様による想定C値は、1.0~1.2であり、国が寒冷地(3地域)で定めているC値2.0を全地域でクリアしています。


プラス創エネで簡単ZEH

HUCKは標準仕様において、ZEHの断熱基準や設備の省エネ基準達成率を満たしています。このため、太陽光発電システムを導入するだけでZEHに対応した住まいを実現することができます。

arie_image_26.jpg

断熱性能と健康住宅について

「健康に配慮した住宅」の定義には様々な考え方があります。 例えば、アレルギーやシックハウス対策として使用建材に配慮することは今や当たり前のことですが、HUCKでは従来の標準的な断熱性能にも目を向け、ヒートショックなどによる健康被害を防ぐための対策が必要であると考えています。

arie_image_27.jpg
環境省が発表した研究結果「住宅の断熱性能向上がもたらすNEBの指標」(株式会社 三菱総合研究所)によると、寒冷地である札幌市をフィールドとして、住宅の断熱性能の向上がもたらすNEB(住宅の断熱性を向上させることによる健康への効果)の検証を行ったところ、室温の改善によって最高血圧が降下するモニターが多かったことがわかりました。 また、断熱性能が高い住宅の場合、冬場の室温を安定させるために必要なエネルギーの消費量を抑えることが可能であるという結果も示されました。 (札幌市の協力のもと、住宅の改修・転居により断熱性能を向上させるモニターを募集し、断熱性能の向上前後での断熱性能、室温、住まいの感じ方、血圧、活動量などのデータを計測)

高レベルの断熱性能を有する住まいは、四季を通じて快適な室温環境を実現できるとともに、住む人への健康配慮、高い省エネ効果などにもつながります。




2022年6月 2日

建築雑誌 最新刊入荷

建築雑誌の最新刊が入荷しました☆

doc10039720220602114100_001.jpgdoc10039820220602114125_001.jpgdoc10039620220602114029_001.jpg

●住宅特集 6月号
●I'm home 7月号
●Casa BRUTUS-カーサ ブルータス- 6月号

    
上記3冊です。
 
会員特典で無料で貸し出しをしております。
ご希望の方はメールorお電話ください。
 
ASJ富山西スタジオ
mail:info@asj-toyama.com
TEL:0120-17-3443

知って得する「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント